ディズニーに貸切バスで行こう!

  • 2016.04.20
  • 2018.06.05

こんにちは、広報部です。
最近は暖かくなってきたからか、ディズニー送迎の貸切バスのご予約が増えてきました!
今年は、ディズニシー祝・15週年!
ディズニーランドは1983年4月15日の開園から先週めでたく33周年を迎えました。

ディズニーランドは6月22日まで【ディズニーイースター】開催中です♪
そんな今年こそディズニーに行きませんか?

ディズニーイースター
出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/special/easter2016/index.html

ディズニーに貸切バスで行くメリット2点

メリット1.朝の満員電車を回避してディズニーに到着出来る!

ディズニーに行くならやっぱり朝一から楽しみたいですよね♡
休日は混雑するから平日に・・・にしても朝は満員電車(;O;)
到着するだけで疲れちゃうなんてもったいない!!
朝は集合場所からディズニーまで、バスでひとっ飛び!
体力もチャージして、ディズニーに備えましょう。

メリット2.おもいっきり楽しんで、眠りながら帰宅出来る!

すっっっっごく楽しんだあとは、どうしても眠くなってしまう。
家に着くまでの体力を残しておかないと・・・
でも大丈夫。
帰りも迎えに来てもらって、出発地までラクラ~ク移動♪
うとうと眠くなっても、プロのドライバーが運転しているので安心してお休み出来ます。

ディズニー送迎の貸切バスの料金は?

いくらかかるのか?気になるポイントですね。
下記、実際にお客様にご案内した見積です。
(日程・バス会社・車種によります)

貸切バス代金

【日程】2016年6月1日(水)
【コース】吉祥寺駅7:00⇒ディズニーシー(9:00~20:00)⇒吉祥寺駅22:00
【車種】マイクロバス21人(正席21席+補助席0席)×1台
【料金】100,000円(税別)
※車両本体・ガソリン(燃料代)・ドライバー手配を含みます。

その他かかる費用

1.高速道路代金
2.駐車料(約4,500円)※車種によって変わります。
3.乗務員仮眠施設(浦安サンホテルの場合…約6,000円)※
4.仮眠施設とディズニー間の乗務員移動費(約4,000円)
5.パークチケット・出発地までの交通費や食費など個人的費用

※乗務員の拘束時間が長いので、仮眠施設の確保が必要です。

まとめとして

ご家族・ご友人同士だけでなく、クラス会や子供会などでも利用するお客様が増えております。
ディズニーに行く機会があればぜひご相談下さいませ。

貸切バスお見積りはこちらから